ARIB会員(正会員・賛助会員・規格会議委員所属法人)は、ARIBホームページから無料ダウンロードが可能です。
ARIB会員への入会をご検討の方は こちらをご覧ください。
※英語版・英語翻訳版については、ARIB会員・非会員を問わず、ARIBホームページから無料ダウンロードが可能です。

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカートの中

合計数量:0

合計金額:0円

TOP  >  標準規格  >  標準規格(放送分野)  >  STD-B32:デジタル放送における映像符号化、音声符号化及び多重化方式

STD-B32:デジタル放送における映像符号化、音声符号化及び多重化方式

【標準規格番号】ARIB STD-B32
【標準規格名】デジタル放送における映像符号化、音声符号化及び多重化方式
【策定年月日】2001年5月31日
【版数】    3.8版
【改定年月日】2016年9月29日

【標準規格概要】
 本標準規格は、デジタル放送における映像信号と符号化方式、音声信号と符号化方式及び伝送信号の多重化方式について規定したもので、次の3部で構成している。

  第1部  映像信号と符号化方式
  第2部  音声信号と符号化方式
  第3部  伝送信号の多重化方式

  第1部では、映像入力フォーマット(HDTV準拠およびSDTV準拠の映像信号、信号の標本値、走査の方向、映像信号パラメータ)、MPEG-2 Video規格およびMPEG-4 AVC規格に準拠する映像符号化方式(動き補償予測符号化方式、離散コサイン変換方式、可変長符号化方式を組み合わせたもの)、映像の圧縮手順、送出手順および符号化後の信号構成および符号化パラメータの制約条件について規定している。

 第2部では、音声入力信号(標本化周波数、量子化ビット数など)、音声符号化方式(時間周波数変換符号化方式と聴覚心理重み付けビット割当方式を組み合わせたもの)、音声の圧縮手順及び送出手順、音声符号化パラメータの制約条件およびロスレス音声符号化方式(音声符号化方式および送出手順)について規定している。

 第3部では、多重化方式(TSパケットによる伝送(符号化信号、伝送制御信号、緊急警報信号)、TSパケットによるIPパケット伝送(符号化信号、伝送制御信号、緊急警報信号)、TLVパケットによるIPパケット伝送(符号化信号、伝送制御信号))、多重信号形式(PESパケット、セクション形式、TSパケット、IPパケット、TLVパケット、ULEパケット、圧縮IPパケット、伝送制御信号の構成、記述子の構成、識別子の構成、関連情報の構成及び送出手順)について規定している。


概要をもっと読む/改訂履歴を見る

一部閲覧

商品コード: ARIB-STD-B32-3.8

販売価格(税抜): 14,620