本サイト(ARIB Web Store)では、①標準規格等の日本語版の購入、②講演会受講証の購入 をすることができます。
①標準規格等(日本語版):正会員・賛助会員・規格会議委員所属法人は、ARIBホームページから、各会員法人のID、PWを入力することにより、無料ダウンロードが可能です。
 ※英語版・英語翻訳版については、ARIB会員・非会員を問わず、ARIBホームページから、無料ダウンロードが可能です。
②講演会受講証:正会員・賛助会員は、ARIBホームページから、各会員法人のID、PWを入力することにより、無料申込みが可能です。
ARIB会員への入会をご検討の方は こちらをご覧ください。


ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカートの中

合計数量:0

合計金額:0円

TOP  >  標準規格  >  標準規格(通信分野)  >  STD-T109:700MHz帯高度道路交通システム

STD-T109:700MHz帯高度道路交通システム

【標準規格番号】ARIB STD-T109
【標準規格名】700MHz帯高度道路交通システム
【策定年月日】2012年2月14日
【版数】    1.3版
【改定年月日】2017年7月27日

【標準規格概要】
 自立型安全運転支援システムでは、利用する情報が車両情報と車両センサー情報に限られるため、事故の低減や渋滞に起因する環境の改善には限界がある。このため、車と車、路と車が通信し情報を交換することにより、安全運転を支援し事故防止につなげる「インフラ協調型安全運転支援システム」の導入が期待されている。

 本標準規格は、TVのデジタル化に伴い使用可能となった700MHz帯の周波数を使用し、「インフラ協調型安全運転支援システム」を実現するものである。

 また、無線設備規則第49条の22の2に規定される「700MHz帯高度道路交通システムの無線設備」の陸上移動局間及び陸上移動局と基地局との間の無線区間インタフェースについて規定したものである。

 なお、本標準規格で規定している規格のうち、物理層の通信方式については欧米規格との親和性を持たせるなど、製造コストの低減と国際標準化にも配慮している。



概要をもっと読む/改訂履歴を見る

一部閲覧

商品コード: ARIB-STD-T109-1.3

販売価格(税抜): 7,460