ARIB会員(正会員・賛助会員・規格会議委員所属法人)は、ARIBホームページから無料ダウンロードが可能です。
ARIB会員への入会をご検討の方は こちらをご覧ください。
※英語版・英語翻訳版については、ARIB会員・非会員を問わず、ARIBホームページから無料ダウンロードが可能です。

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカートの中

合計数量:0

合計金額:0円

標準規格等利用約款

 ARIB Web Store で販売しております標準規格及び技術資料(以下「標準規格等」といいます。)は著作権で保護されており、一般社団法人電波産業会(ARIB)(以下「当会」といいます。)は、これらの販売に関する権利を保有しています。
 ARIB Web Store から標準規格等をダウンロードされる場合は、本標準規格等利用約款(以下「約款」といいます。)を必ずお読みください。
 ARIB Web Store から標準規格等のダウンロードを開始された場合は、本約款に同意されたものとさせていただきます。
 本約款の規定に拘束されることを望まない場合は、ARIB Web Store から標準規格等のダウンロードを中止してください。


1 ライセンスの供与

 本約款の規定及び購入代金の支払いを条件として、当会は、標準規格等の使用者(以下「使用者」といいます。)に対し、ARIB Web Store において販売される標準規格等に関する非独占的かつ譲渡不能のライセンスを供与します。本約款によって、使用者に供与される権利は、次のものに限定されます。

(1) 本約款は、標準規格等の中身及び標準規格等に関する権利を譲渡するものではなく、本約款の規定に従って、標準規格等を利用する限定的かつ取消可能な使用権を使用者に許諾するものです。

(2) 使用者ご自身が所有しているか、リースを受けているか、又はその他の方法で管理している1台のコンピュータに限り(当会の正会員及び賛助会員並びに規格会議委員の所属法人の場合を除きます。)、標準規格等をインストールし、アクセスすることが許されます。標準規格等をインストールしたコンピュータが作動しなくなり、その結果、製品にアクセスすることができなくなった場合は、標準規格等を別のコンピュータに移し替えることが許されます。その場合、移し替えた後で元のコンピュータの標準規格等を削除しなければなりません。標準規格等を2台以上のコンピュータで共同利用すること、LAN又はその他のネットワークで利用することは許されません。使用者は、標準規格等を公衆(不特定又は多数をいう。)が使用する、又は使用することが予定されている、コンピュータにインストールすることはできません。

(3) 標準規格等のどの部分であっても、合体、改変、翻訳、修正、翻案、貸与、リース、販売、サブライセンスの供与、譲渡、その他の形態の移転並びに標準規格等に表示されている著作権表示の除去は許されません。使用者ご自身の利用のために紙のコピーを作成すること及び使用者ご自身のバックアップ用に電子的なコピーを1部作成することは許されますが、それ以外のコピーを作成することは許されません。

(4) 使用者は、標準規格等が当会の所有物であり、当会がライセンスを供与する権限を有していること、及び、標準規格等が日本国著作権法及び著作権に関する国際条約によって保護されているものであることを認め、合意するものとします。

(5) 使用者は、当会又は当会の指定する代理人あるいは会計士に対して、本約款の規定の遵守を保証するために必要なすべての情報を提供するものとします。また、使用者は、当会又は当会の指定する代理人あるいは会計士が、本約款に従った使用をしているか調査するために、使用者の会社・事業所等建物内に立ち入って標準規格等を使用しているコンピュータを監査することに同意します。


2 責任の制限

(1) 当会は、標準規格等の返品・交換は行わず、標準規格等に乱丁、落丁又は電磁的瑕疵がある場合は、同一製品の良品と交換するものとします。

(2) 当会は、標準規格等の内容についていかなる保証も行わず、また、使用者が標準規格等を使用又は保有したことから生じるあらゆる経済的な損害、損失を含め一切の間接的、付随的、また結果的損失、損害についての責任を負わないものとします。

(3) 使用者は、標準規格等を使用又は保有したことから生じる結果について責任を負うものとします。


3 ライセンスの供与の取消し

 使用者が本約款の規定に違反したとき、ライセンスの供与は直ちに取り消されることがあるものとします。ライセンスの供与の取消しの時点で、使用者は、直ちに標準規格等の使用を中止し、10 日以内に標準規格等をコンピュータから削除し、排除した旨を当会に対して文書で保証するものとします。


4 準拠法及び管轄裁判所

 本約款は、日本国の民法、著作権法、その他の法律に準拠し解釈されるものとします。使用者は、標準規格等又は本約款に関して生じた紛争の解決に際しては、日本国の東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審専属管轄裁判所とすることに合意します。